恋活と婚活の違いについて

最近は婚活アプリだけでなく、恋活アプリなども登場していて、出会いを求めている人が増えているように感じます。
婚活と恋活の違いはなんなのでしょうか。
字のごとく、婚活は結婚相手を見つけることが目的で、恋活は恋人を見つけることが目的です。
両方ともパートナーを探しているという部分は共通しているものの、その先にあるゴールはちょっと違うようです。
婚活は結婚が目的なので、一緒にデートをして楽しんだりということではないようです。
重要視されるのは、経済力や性格、価値観など、将来を見据えて一緒に生活する点において大切になるであろう部分です。
だから、婚活は慎重になりやすく、決断力も必要になるでしょう。
ですが、恋活は結婚を前提としない出会いを目的としているので、慎重さは下がるでしょう。
出会いが少ない環境にいる方が多く行っているようです。
気軽に取り組むことができるので、意外と結婚に進む人も多いようですね。
婚活と恋活をうまく組み合わせて行っていくと、素敵な出会いが待っているかもしれません。

父親にタクシー運転手にならないかと誘われ

私の父は、昔からタクシードライバーとして働いています。正直、給料はそれほど高くはないが、マイペースな性格の父親には合っているみたいです。
対照的に私は、小学校の教師として勤務しています。確かに給料は多いのですが、一日の拘束時間は多く、土日祝日に勤務する日も少なくありませんでした。更には、最近は様々な文句を言ってくる所謂「モンスターペアレンツ」と言われる人たちが不得手困っています。大学時代、必死に勉強しようやく手に入れた教職という仕事でしたが、実際勤務してみると肉体的にも精神的にも大変でした。
私は、お盆休みで帰省して父親と会った際、仕事の悩みを打ち明けました。父親は、「いっそのことタクシー運転手にでも転職してみたらどうだ?」と提案してきました。それまで、タクシー運転手の仕事のことなど考えていませんでしたが、今では本気で考えています。

メールフレンドが癒しになるとは

SNSが当たり前の時代になってきて、メールフレンドというのも悪くないなと思っています。
ネットでの出会い系なんて危ない、という時代は少し古いように感じます。
出会いを目的としないサイトやSMSでいつのまにか仲良くなってメールフレンドになったことも多いです。
画面の中だけの付き合いだけでも、リアルな友達よりも近く感じる時があるからです。
顔が見えないからこそ建前なく、言える本音もあるし、向こうもそう思ってくれているような気しています。
そしていつでも話せること。言いたいなー、伝えたいなーと思った時にすぐにメッセージを送れる仲。
向こうも同じように思ってくれています。
こんな本読んだよ、こんなものを食べたよ、こんな景色を見たよ。
気軽に送りあえて、時間を縛らないで付き合える気軽さが気に入っています。
メールフレンドだからこそ言える本音もあるのも本当です。

インターネットで探すタクシー求人

タクシードライバーとしての求人はどのくらいあるのでしょうか。タクシー会社は数多くのタクシーを保有していますが、そのタクシーが遊んでしまっている、つまり運転手がいないために、眠ったままになってしまっている車があります。それで、いつも常時ドライバーの募集をしていることが多いです。なかには大量の募集をすることもあります。高齢者も若い人たちも、幅広い年齢層の人たちに手を差し伸べているのです。

そんなタクシードライバー求人ですが、応募し面接をすると、採用される可能性が極めて高く、落とされることの方が少ないに違いありません。ですからやってみる価値がありますし、収入も比較的安定しています。そして夜勤をしてみたり、日勤がいいのか、いろいろな時間帯にタクシーを走らせてみることができるでしょう。タクシー求人は、インターネットで検索して探せます。

タクシー業界への転職を本気で考えたくなった瞬間

知人にタクシー運転手がおり、最近お酒を飲み交わした時に業界の話を聞いてきました。

私は現在営業をおこなっているのですが、タクシー業界への転身というのもありなのかなと考えさせられた内容です。

それには私の誤った主観があり、バブル期に比べると閑古鳥が鳴き続けている状態と勘違いしていたんです。

運転技術は当然必要ですが、常日頃から車を運転している方でかつ、エリアの地の利に知見があれば決して狭き門ではないことがわかりました。

売上で差がつくのは、圧倒的にお客様に対して無下な対応を取らないことに徹する。基本に忠実でいると、指名などで頻繁に電話での依頼があるという話を聞き、展望もあるなと感じたのです。

会社選びは、無名または聞いたことのないタクシー会社は避けること。加えて、職業安定所だけではなく、転職サイトを活用することも優位に働きかけるとの助言も知人にもらいました。

近年では、入社祝い金制度を設けて成長に投資してくれる会社も多いのだとか。

門戸を広くしてくれているのは、もしも転職を考えた時にふと思い出してしまうものですよね。

また、求人も入社祝い金などを含めた魅力的な特典もあるために、タクシー業界での就業も本格的に考えたい。そう新たな気づきを得ることができた知人には感謝せざるを得なかったものです。

フリーランスエンジニアには女性も増えてきている

女性はOLとして会社勤めをしているかもしれませんが、なにかの職場環境が良くないと感じるかもしれません。異性との接し方や上司とのこと、その他どうしても難しくストレスになりやすい環境が多く、そうしたことから逃れたい気持ちになることもあるでしょう。そんな時に、会社員として仕事を続けるのではなく、フリーランスになって、特にエンジニアとしてやってみることができるかもしれません。

なんとなくフリーランスのエンジニアと聞くと男性のイメージが強いですが、最近は女性も増えてきました。パソコンスキルがあり、プログラミングできるだけの技術を持っている女性たちは、自由でストレスのない環境での仕事を望んでおり、その点でフリーランスになることは憧れでもあります。結婚して子供ができたとしても、自宅でエンジニアとして仕事を続けることができるという点でのメリットがあります。

思考停止して就職するのはやめましょう

私は工業高校を卒業してすぐに正社員として就職しました。それは様々な工場で使われる設備関係を製造する会社でしたが興味があって就職したわけではありません。私の通った工業高校では90%以上の人が卒業後すぐに就職したのですが、多くの人たちは学校に来る求人票の中からわけも分からずに適当に選んでいました。選考ポイントは求人票に記載された給料、休日、勤務地、ネームバリュー以上です。社会人となって20数年経った今から考えるとその完全に思考停止した選考方法はありえないと思うのですが、高校3年生だった私にはそれが当然であるかのように適当に先行した企業に一生勤めていくと考えていました。おそらくですが半分くらいの方はその適当に選んだ会社に自分を慣らしていって定年まで勤め上げるのではないでしょうか?私は就職して15年経ったこと違和感を覚え転職を決意しました。転職して正解だったか?それとも残っておいたほうが良かっただろうか?今でも時々考えることがあります。