とあるタクシードライバーの転職先

一昨日でしたね、久しぶりにタクシーを利用したのは。少し不便な地域にいて、駅までかなり距離がある寂れたところでしたが、タクシーだと20分ぐらいで無事最寄り駅に着きました。結構乗っていたので色々話し込んでしまいました、ドライバーの方と。タクシードライバーの同僚である、これもまたタクシードライバーの人らしいですが、その男性は10年以上タクシードライバーとして働いた後、つい先月転職したそうです。かなり異なる分野への転職でした。なんとマッサージ師になったそうです。話によると、長年タクシーを運転していて腰や肩に来てしまったそうで、身体の健康を保つ大切さを知ったそうです。なので自分もその道に進もう、マッサージ師の資格を取ろうと思い、そのための学校に行ったり研修を受けたりして、国家資格のようなものを取ったそうです。今は交通事故などのリハビリも取り扱っている接骨院でのマッサージをしているそうです。なんだか凄いですね。色々なきっかけや道があるのですね。

飲み会の開始時間について

会社での飲み会があると、たまに別の部署の方からも声をかけられます。あまり参加しない方ですが、形だけでも声がけしてもらえるともちろん嬉しく思います。

ただ1つだけ疑問があるのですが、それは飲み会の開始がとても中途半端な時間設定であることです。例えばノー残業デーとされている曜日に予定するのは分かるのですが、定時から1時間15分後に飲み会がスタートとする、といった時間設定がよく理解できません。

本当に定時ぴったりで終わることのできる人が少ないとは言え、大人数での飲み会ですし大体の人がせめて定時後30分程度で業務が済ませられるだろうと思うのですが、なぜ中途半端な1時間15分後、なのでしょうか。

私は基本的に仕事量が少なく定時には仕事が終わるため、そんなに遅い時間のスタートだとはっきり言って時間を持て余してしまいます。飲み会への参加率の低さもひとえに、この中途半端な開始時間に起因しているのですがそんな疑問を投げかける相手もいないのです。

近所に入院施設のある病院が移転して来ました

先月近所に入院施設のある病院が出来て診療を開始しました。
とは言っても新しく出来た病院ではなく別の場所から移転して来たのです。
母が人から聞いたそうですが、その病院には良い検査する機械も充実しているそうです。
よく分からないのですが、その病院では重い障害を抱えた方も通院したりしているそうです。
建物は新しいので中もキレイなのでしょうね。
もし何かあったらお世話になりたいなとは思うのですが、果たして初診の患者を見てくれるのかどうかは分かりません。
病院が出来た場所は元々は田んぼだった所です。
その田んぼは小さかった頃祖父と散歩をしたりするコースでした。
思い出の田んぼがなくなってしまったというのはちょっと寂しいですが、これも時代の流れなのかも知れません。
近くに大きな病院が出来たことで助かる人もきっといることでしょう。

みんな、真面目に出会いを求めている

20代の頃、職場も女性だらけ、友達も少なくて、出会いに恵まれなかった私。寂しい週末を幾千も過ごした後、インターネットに出会いを求めました
そして調べに調べまくって、出会いサイト3つと、結婚相談所に登録しました。
いざ婚活してみると、真面目に出会いを求めて活動している人がなんと多いことか! 驚きました。どうしてもっと早くに動き出さなかったのかと後悔したほどです!
ネットからの交際申し込みはバンバン来るし、相談所からも毎月凄い量の交際希望の書類が届きました。
自分の人生が一気に開けたようで、毎日、仕事終わりにパソコンを開くのが楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。
喫煙の有無、趣味、仕事内容、年収、兄弟がいるのかどうかなど色々なことを事前に知ることが出来て、結構安心して活動を進めることが出来ました。
その中で、「この人だ!」と思った方数人に実際にお会いして、一番楽しくお話ができた人とめでたく結婚と相成りました。
婚活のコツは、当たり前ですが家でじっとしていないで、何かしら行動してみることだと、身を持って学びました。

出会ったことに感謝。素敵な人と会った話。

その男性と出会ったのはちょっとしたきっかけでした。もともと私の会社とその人の会社は取引関係にあり、会社同士は仲良くさせていただいていたのですが、その人と私は仕事の性質上、直接関わることはありませんでした。しかし、ひょんなタイミングがきっかけで知り合い、私の会社の担当営業マンよりもその人の方が結果的に仲良くなりました。いろいろと話してみると、星座と血液型が同じという共通点がありました。また、好きな歌手は違えど好きな音楽の系統も同じ、リストやショパンの話で盛り上がったりもしました。その人はとにかく感受性が豊かで、その人の口から紡ぎ出される言葉が本当に素晴らしくて、いつしか魅力を感じていました。それは人間同士というより異性として意識していたのかも知れません。しかし、途中まで仲良く接していたのが、ある時からだんだん疎遠になってしまったのです。仕事上でも相変わらずやりとりの関係はなく、プライベートでも食事に行ったりすることもなく。なんとなく連絡がしづらくなってしまいました。でも、その人と知り合えたという出会いに感謝しています。今は疎遠になってしまいましたが、またいつかどこかで、偶然会えることを願っています。

ファクタリングとは何か

ファクタリングとは、売掛の債権に保険をかけることでリスクを軽くしたり、まだ回収していない売掛金を買い取ってもらったりすることができるサービスのことです。これには、メリットとデメリットがあります。
メリットは、資金をすぐに調達することができるという点です。1日でお金を振り込んでくれる会社もあり、すぐに現金が欲しい場合には助かります。また、ファクタリングは融資とは異なるため、保証人や担保が必要ありません。
デメリットは、手数料が高めである点です。調達スピードが速い分、コストがかかってしまいます。銀行の金よりも高めになっているのです。さらに、債権譲渡登記が求められる場合があり、こちらでも費用が発生してしまう可能性があります。
ファクタリングはすぐに資金を調達できるという魅力がある一方で、費用が高めに発生してしまうため、利用する際はよく考えてからにしましょう。

エコバッグを使うようにしたいけれど

一時期エコバッグがおしゃれなグッズとしてもてはやされたりした事もあって、誰でも1枚はエコバッグを持っているのではないでしょうか?かくいう私もお気に入りのエコバッグを買ってしまいました。

でも、お買い物でエコバッグが必要な時にほとんどエコバッグを持っていたことがありません。結局ビニール袋をもらってそれに買ったものを詰めて持って帰ってしまいます。ビニール袋は小さく三角に畳んでおいて、生ゴミを捨てたりする時に再利用はしていますが、どんどん三角のビニール袋が家に溜まっていくのをみて、エコバッグはなんだったのかとため息をついてしまいます。

小さくたたんでいつも使っているバッグに入れておく、こんな簡単なことなのに毎回忘れてしまうのはやはり、お店に行ってもどうせビニール袋が無料もしくは5円~10円で貰えると当てにしてしまっているからだと思います。もうじきスーパーでもビニール袋が貰えなくなるそうなのでそんな時に困らないようにエコバッグを持ち歩く習慣を作りたいです。

福寿草が咲き春の気配が感じられるようになって来ました

あちこちから桜の便りが聞こえてきます。私の記憶ではソメイヨシノが日本で一番早く開花するのは四国だと思っていましたが、近年の異常気象のせいだろうか?今年は九州や関東が早いようです。

ソメイヨシノも何時咲いたらいいのか迷っているみたいです。先日伊豆半島へ旅をした友人から見事な河津桜の満開の写真がラインで送られてきました。私の街には河津桜もソメイヨシノもありません。

桜と言えば「蝦夷ヤマザクラ」です。蝦夷ヤマザクラの特徴は花と葉がほぼ同時に開きます。私は健康のため散歩をする事が日課になっています。昨日は晴れて風も弱かったので少し離れた大きな公園を一周しました。

このコースは自宅から一時間半程度のコースで公園内には美術館や科学館、野草園などがあります。また公園内には蝦夷ヤマザクラの木が何本もあり市内の桜の名所になっています。今年の開花予想は例年よりやや早く、ゴールデンウイーク初めらしいです。散歩のついでに桜の蕾を観測しましたが、まだまだ蕾は固くじっと寒さに耐えている感じがしました。公園には福寿草が咲き、散歩を楽しむ人が多くなってきました。春が遅い北国にも間もなく春本番がやって来るかと思うと足取りも軽く、公園を一周しました。

高難易度のプログラマーの仕事

私がプログラマーとして活動したのは十数年前の話でした。当時私は、情報系の大学でプログラミングの基礎を学んで、新卒で北海道のIT企業に入りました。しかし、地方では、IT系の仕事は殆ど無く、受託開発による東京への出向という形で転勤になりました。大手企業への出向ということになりましたが、そこでの仕事は、難易度のかなり高いプロジェクトに携わることになりました。

大企業向けのスイッチングハブの開発ということで、社員同士のコミュニケーションもほとんど専門用語ばかりで、最初の1年はひたすらメモを見ながらの作業をし、1件終わるのにかなりの時間を要した記憶があります。また、プログラマーの仕事は、プログラミングだけではなく、各種仕様書の作成、レビュー対応、デバッグなど多岐に渡るものでした。おそらく、その中には、システムエンジニア的な仕事も行っていたでしょう。

料理の話。無水トマト煮込みに挑戦!

先日、「美味しいトマト煮込みの作り方」を聞いたので試してみようとトマトをどっさり買い込んでみました。無水トマト鍋とでも言うのでしょうか、水分はトマトのみで、水は一切入れないのがコツだそうです。皮は……多分むいたほうが良いのでしょうが、いちいち湯を沸かすのも面倒だし、今回はナシです。
一袋のトマトと、鶏むね肉、セロリ、玉ねぎ、人参、にんにく。セロリはトマト系煮込みには欠かせません!
食べ物というか、調味料って感じの野菜だと思います、セロリ。
材料を切り、塩コショウしたむね肉をまとめて鍋へ投入。もも肉のほうが好きだけれど、「むね肉はまるごと鍋に入れて、火が通ってからキッチンバサミで切るとぱさぱさしないよ」とのことなので信じて入れましょう。煮込んで煮込んで水が出たら、コンソメで味を整え……。
出来上がりはなんというか……野菜ジュースで作ったスープ! という感じ。

で、ですね。実はこれ、「昨日」の話なんです。
「思った以上に野菜そのままの味だな~」と思っていたんですが、一晩置いて、夜にあらためて水分がほとんど無くなるまで煮込んだら、味が全然違う! 野菜の旨味が凝縮された、濃厚なトマト煮込みになっているのです! レシピを教えてくれた人、昨日は「ストイックな味だなあ」なんて思ってごめんなさい、本当に美味しいです。むね肉は切るタイミングが早かったのか、ちょっとぱさついていたけれど。これは私の腕が悪かったのかもしれませんね。でも、次はやっぱりもも肉で食べたいお味でした、トマト煮込み。
明日はこれを更に煮詰めて、サンドイッチみたいにパンに挟んでみようと思います。