子供にとっての両親の離婚

私の両親は私が小学生の頃に離婚をしています。

私の叔父夫婦も離婚していて、私が大人になった時に、叔父から「子供にとって、両親が離婚するってどんな気持ちなんだ?」と聞かれました。

叔父は、自分が離婚したことで、子供たちがどんな辛さを抱えているのかを、同じ経験をしている私を通して知ろうとしたようです。

実際に、叔父の子供の一人は、号泣してずっと離婚を反対していました。

しかし、私の答えは、「正直、何も感じなかったし、早く離婚すれば良いのにと思っていた。」です。

両親が離婚した、という事実は同じでも、その影響は子供によってまるで違います。

例え同じ両親の子供でも、何を感じているか、どんな辛さを感じているかは、一人一人全然違うと思います。

親が思う以上に悲しい子供もいれば、むしろ賛成の子供もいます。

離婚が我が子にどんなダメージを与えてしまうか、真に受け止めて考えたい場合は、しっかり本人に聞かなくては決して分からないと感じたエピソードでした。

久々の焼肉ビュッフェで元気を得ました

先日、妻と友人数名を誘って焼肉ビュッフェに行ってきました。久々の焼肉だったために、気持ちはかなり高揚していました。しかし自分は数日前から風邪をこじらせており、いつもは旺盛な食欲がこの日はいまいちでした。それでもいざ鉄板の前に座ると、焼肉のいいにおいが食欲をそそります。そして風邪を治すことを考え、テーブルの上に置かれているおろしニンニクをたくさんのせて肉を食べていきました。

これまで焼肉ビュッフェには妻と二人で行くことが多かったのですが、このときは友人たちと一緒であったために食べることにのみ集中するというよりは、会話を楽しみながらの食事となりました。そのため食事をするペースが緩やかになり、肉をハイペースで食べることはありませんでした。風邪の影響で体の調子がいつもとは異なる自分にとって、このような環境は非常に良かったのだと思います。

焼肉ということで気持ちはエキサイトしていたものの、いつもよりも食欲がなかったために楽しめるかどうかが心配でしたが、結局のところ自分が一番肉を食べていました。そして次の日は体調も良くなり、焼肉効果を実感したのです。

ショップ運営でファクタリングを利用

ショップを運営していますが、主にカジュアルファッションを販売しています。シーズンごとに仕入れをしているので、売掛け金もかなりあり、やはり月末にまとめて支払うようにしていますが、売れ行きにも波があるので、あまり今月は売れず困っていました。

なので月末の売掛け金の支払が厳しいな〜と感じたので、ファクタリングを利用して支払うことができました。取引先へ連絡不要なので即日現金化することができ、とても使いやすいです。

取引先に債権譲渡が周知されないのも安心です。ショップ仲間と話すことがあり、売掛け金の支払いが難しい時はどうしてる?と聞いたところ、けっこう仲間内もファクタリングを利用していることが分かったので、個人運営や中小企業の資金調達には、かなり活用していることが理解できました。

上手にサービスを利用することでショップ運営もスムーズにできるようになり、やりくり上手になりました。