なかなか捨てられないもの

本棚を新しく購入したので、せっせと本の整理に勤しんでいます。

そんな時に一番悩んでしまうのが、本の整理に処分についてなんです。

思い入れのある本は、ボロボロになったりカビたりしても、なかなか処分する決心がつかないんですよね。

そのせいで本は増える一方、いい加減多少は処分しないと、さすがに収納しきれない感じになってきました。

そこで白羽の矢を立てたのが、子供が使用済みの教科書たちです。

もう二度と使うことはないもののはずなのに、なぜか処分できずに全部取って置いていたんです。

私の実家にも、自分が子供の頃の教科書が全て残されていました。

この本を捨てられないところ、もしかして遺伝でしょうかね…?

でもやはり何か処分しないことには始まらない!ということで、やっとこさ大量の教科書を処分しました。

ちなみに、教科書って全てにフルネームを記入してしまっていますよね。

そのまま処分するのは気になったので、名前の部分をマジックで塗りつぶしてみました。

でもよーく見ると、うっすら透けて読めてしまう…。

悩んだ末、名前の部分はハサミでカットしてしまうことにしました。

けっこう手間のかかる作業で大変でしたが、教科書がなくなって本棚もスッキリ、気分もスッキリ気持ちよくなりました。