使わないグラスの数々

時々グラスなどのサービス品の付いたお酒などが売られています。どうせ買うならという事で、つい景品付きのお酒を買う訳ですが、そうしているうちにいつの間にかたくさんのグラスがたまってしまっていました。それも同じ形のグラスなら使いやすいんだけれど、ほとんどのものが形はバラバラです。中には細長いだけで洗いにくいグラスなんかもたくさんあります。使いやすいものばかりを使って、使わないグラスが大半を占めているように感じ、一度思い切って処分をすることに決めました。

食器棚から使わないグラスを出してみると、自分でも驚くほどたくさんあります。食器棚の中は一度にスッキリとしました。景品やサービスに弱い私ですが、結局使わないなら意味がありません。捨てるグラスを見ながら反省します。これからは景品に惑わされることなく必要なものだけを置くことにしたいです。

庭の落ち葉掃除とサツマイモ

家の庭に落ち葉などがたまっていたので庭先から、道路まで家の周りを掃除したらかなり大量の落ち葉などが集まりました。私が掃除を始めたときはゴミ袋に入れて燃えるごみの日に出せばいいと思っていましたが、集めたごみの量が思っていた以上に多いので、集まった落ち葉を庭で燃やすことにしました。私の住んでいる場所は田舎なので、庭で何かを燃やしても苦情を言ってくる人もいないので、このようのことができるのです。

それで、せっかく落ち葉を燃やすのだから焼き芋でも焼こうと思って家にあったサツマイモを銀紙に包んでから落ち葉や小枝の入ったごみに火をつけました。私が落ち葉や小枝火をつけると、それらは勢いよくも燃え、瞬く間に灰になってしまいました。

こんな短時間ではまだ銀紙に包んだサツマイモは生焼けずなので、私は金属のスコップで燃えたばかりの灰を銀紙に包んだサツマイモにかけ蒸し焼きにすることにしました。

無農薬野菜と有機野菜の違い

スーパー等でお野菜を買うときに

気を付けていることがあります。

それはもちろん、国産であること!

でも最近気になってるのが、野菜売場に

『無農薬』だとか『有機野菜』と書かれたポップをよく見かけます。

『無農薬』はその名の通り

農薬を使ってないってことは分かりますが

『有機野菜』って…?と思って先日売り場を見てみると

小さい字で説明がありましたよ~

『農林水産省の「有機JAS規格」に適合した野菜です!』とのこと。

要は政府が決めた規格をクリアしてますよ

農薬を使ってるかもしれないけど、安全ですよ

ってことらしいです。

じゃ、無農薬野菜の方が完璧じゃ?と思うんですけど

無農薬野菜は生産過程で使われてないっていう意味で

例えばその畑、前年は農薬使ってたよ

今年は同じ畑で農薬ナシで育てた無農薬野菜だよ

てのはアリらしいです。

なんだか難しいですね。

安全な自然農法で育てられた野菜を食べたいだけなのに

ちょっとした表現で意味が変わるという…

日本語って難しいなって思いました。

出張で仕事が早く片付いたとき

私の場合は出張で仕事が早く片付いたときは、その後の時間は自由時間のようなものだと考えています。私はそういう時は出張先の町をぶらぶらしたり、事前に調べておいた観光地に行ったり、その町の中心地に行ったりします。しかし、多くの場合はたとえ仕事が早く片付いてもそれほど自由時間はあることは稀です。

そのため、日本国内に限ったことですが最近では事前に行きたいところを調べることはせず、仕事が終わってからスマートフォンで色々調べ行けそうな所に行くことにしています。外出先で急に時間ができたときはスマートフォンは本当に便利な道具だと思います。

今回は短時間しか時間がなかったので、スマートフォンを使っておいしいラーメン屋さんを探したところすぐに見つかったので、そのお店でラーメンと餃子を食べました。ラーメンの味は普通でしたが餃子は特に美味しかったです。

オンラインゲームの中でも圧倒的人気のFPSの特徴

全世界人口の2人に1人はプレイした経験があるほど浸透したオンラインゲームに様々なジャンルがありますが、中でも安定した人気を誇り次々に新作が出るジャンルにFPSがあります。従来のゲームのようにプログラミングされたCPUが決まった動作をするのでなくPVP、つまりプレイヤー全てが実在する人でリアルタイムでプレイできるのが特徴です。

各メーカーから多くのFPSが提供されていますが年々ユーザーに求める触媒のスペックも高くなりつつありリアルな戦闘シーンを彩るグラフィック、爆破、残滅、護衛、占領など仲間との協力プレイなどプレイヤーを飽きさせる事はありません。

国内戦はもちろん中国、韓国、台湾なども参戦する世界マッチなども活躍されておりプロゲーマーと言われるトップクラスの存在もあります。

1秒が勝敗を左右するためFPS専用のマウス、コントローラーなどのアタッチメントに加えCPU、GPU、メモリ、遅延をなくす通信環境にもこだわる事で白熱したFPSの魅力を存分に体感する事ができるのです。

今こそ来たれ初心者!FPSは楽しいぞ

FPSと聞くと、何かと敷居が高いイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

確かに、普通のゲームに比べるとスタートラインに立ちづらくはあるのかもしれません。なにせ対人戦であることがほとんどですし、その上で見知らぬ人とチームを組む場合も多いです。人見知りには少しハードルが高いでしょう。

ですが、現在は世界的にゲームが普及し始めているので、昔に比べれば初心者の参入率がかなり高い状態にあります。したがって、今こそ初心者の方がFPSの世界に入るべき時なのです。お祭りゲーと呼ばれる多人数参加型のFPSもありますので、初心者の方はそういったモノから順序よくFPSの世界を堪能し始めるのがよろしいかと思います。

でも自分下手だから…などと遠慮する必要はありません。誰しも最初は下手なのです。続けることで上手くなっていきます。なので堂々と胸を張って、強気な態度でFPSの世界に参戦しましょう。誰もがあなたの参戦を心待ちにしています。

離婚における慰謝料の有無の違い

離婚率は年々上がってきており、今や夫婦の3組に1組は離婚をする時代だと言われています。つまり、いつ自分自身が離婚当事者になってもおかしくないというわけです。

離婚には様々な問題も付きまとってきますが、その中でも最も思い浮かびやすいのが慰謝料問題でしょう。離婚をすると慰謝料の支払いが生じるケースはとても多く、離婚話がこじれる原因の一つにも挙げられます。離婚を決意する夫婦の場合、どうしても配偶者に対してマイナスの感情を抱いてしまいやすい為、離婚に伴う金銭問題にもシビアになりやすいのです。

しかし、離婚の際には必ずしも慰謝料の支払い義務が発生するというわけではありません。離婚の理由や夫婦間の話し合いなどによっては、慰謝料なしで離婚が成立するケースも珍しくありません。

そもそも、慰謝料というのは何等かの苦痛や損害を生じた場合などに賠償の為に支払われるお金を指しています。夫婦間でどちらかの配偶者に何等かの有責自由があった場合は慰謝料の支払いが発生するのが一般的ですが、そうでない場合は財産分与のみで離婚になることも多いと言えます。

慰謝料が発生する離婚理由として代表的なのは、配偶者の不貞行為や暴力、一方的な夫婦関係継続の遺棄などです。これらが原因で離婚をする場合、有石配偶者には慰謝料の支払い義務が生じます。配偶者に対して精神的・肉体的な苦痛を与えたことに対し、慰謝料という形で賠償を行うのです。

これに対して慰謝料が発生しない可能性が高い離婚理由となっているのが、性格の不一致や双方に有責行為がある場合などです。性格の不一致で離婚をする夫婦は比較的多く、その原因はどちらかにのみ追求することはできません。その為、性格の不一致や生活の擦れ違いによって夫婦関係を継続することが難しくなった場合は、慰謝料なしで離婚をするケースが多くなります。また、夫婦関係が事実上破たんしている場合に行われた不貞行為による離婚の場合も、慰謝料が発生しない可能性が高いと言って良いでしょう。

慰謝料の有無やその金額などは、個々のケースによって全く異なってきます。その為、自身が離婚に臨む場合は慰謝料の有無について専門家など(参考:http://rikon-bengosi.tokyo/)に相談して確認しておいた方が安心です。慰謝料の相談は弁護士が応じてくれるので、離婚に強い弁護士を見つけ、まずは電話相談などで慰謝料の可能性について相談してみましょう。

昨日おもしろかった事

昨日は、ビリーズブートキャンプのゲームやりました。以外ときつい運動です。腹筋やスクワットをやりました。その後は、お風呂に入りました。毎日2回くらいです。僕は、お風呂が好きです。

夕飯はハンバーグとあさくまのコーンスープとご飯とスイーツでした。ゲームをやりました。動画を見ていました。ポケットモンスターエックスワイ第1期を見ました。僕は歌を歌いました。

楽しかったです。朝7時くらいに起きてトイレに行って朝ご飯は ハムとパンの上にのっているツナを食べました。美味しいかったです。掃除をやりました。スポーツでデ二スをやりました。僕は、デ二スで勝ちました。もう過ぐ6段になります。夜は、布団でプログを見ました。アプリのおっさん卵をやりました。意外と面白くなりました。

ポケモンのゲームにはいろんなのがあります。ポケットモンスターXYのゲームとは、ポケモンが技を使って進化して、敵をやっつけるゲームです。

昨日はポケモンを進化させただげで終わりました。

そして、グッスリ眠りました。

私の不注意で自家用車が廃車になりました

私は、自家用車で通勤をしているのですが、先日仕事の帰り道でよそ見運転をしてしまい、路肩にあるブロック塀の土台に接触し、乗り上げてしまいました。幸いケガも無く、相手も居なかったので良かったのですが、車の損傷が酷く修理代が50万円かかると言われ、泣く泣く廃車にしました。急遽、次の車を探す事になったのですが、走行距離が500kmのディーラー卸しの中古車が見つかりました。

直ぐに実車を見に行き、契約して来ました。最近の車らしく燃費が良く、カタログ表記では、リッター32.0kmと書いてありました。

さすがに実走行で、そこまで期待は出来ないと思いますが、廃車になった車は、リッター20.0kmは走っていたので、それより悪くなければ良いと思い、購入する事に決めました。

私の手元に届いたばかりで、実走行の燃費の計算が出来ていませんが、どれ位走るのか今から楽しみです。

リッター25.0km走ってくれれば、100点満点だと思っています。