実家に帰って一休み

父と一緒にレストランに行きました。いつも仕事ばかりの父と久し振りに2人で過ごしました。

父の車の中では2人が大好きな音楽を聴きました。小さい時から聴かせてもらってた曲で、すごく落ち着く曲です。話し下手な父と私なので、2人でほとんど喋らず音楽を聴いていました。この沈黙は全く苦痛じゃなく、むしろ心地よかったです。

目的地に着きました。父のオススメのお店で、私が知らないところです。外観は真っ白、店内はとてもビビットでカラフルです。ベトナム料理を提供していました。あまり食べなれないパクチーも少し入っていました。苦手意識のあるパクチーも、辛いものと食べれば不思議と合っているものだと思いました。父とは学校の出来事や、家族の近況報告、笑える話などをしました。普段一緒に過ごしていないので、お互い知らないことだらけでした。

またどこかオススメのお店に一緒に行こうと約束しました。

ちょっと気持ちの悪い保湿の仕方

あまり書かない方が良いことかもしれませんが、私は小さい頃からちょっと気持ち悪い手の保湿の仕方をしていました。私ってバランスが悪いのですよね、顔の肌と身体の肌の状態の。顔は思春期からかなりオイリーでテカっていることが多いです。

しかしそれに比べ、身体はかなり乾燥しているのです。肘や膝は特にそうですね、ローションをつけるようにしているのですが忘れたときなんかかなりダメージを受けた肌に見えてしまいます。ローション塗ったとしてもすぐに吸収されてしまう感じです。そこで、小学校の頃、手の甲でたまたま額を拭いたのです。

そしたらテカっている額から手の甲に額の脂がついたのです。気持ち悪いと思いながらもこれは「自前の天然オイル」と思って、それを手の甲にハンドクリーム代わりとして塗っていました。効果的ではありましたね。あまり真似はしない方が良いと思います。今はちゃんとハンドクリームを常に持ち歩くようにしていますよ。

おばあちゃんからたくさん頂きます

彼氏はお母さんはいますが、おばあちゃん、おじいちゃんと暮らしていました。

私と同棲することになり、家を離れたのですが、実家の近くに家を借りました。

なのでいつでも会える距離なのですが、同棲するときも喜んでくれて、お米や果物、野菜を定期的にお母さんを通して届けてくれています。

申し訳ないので大丈夫ですよと伝えても親戚が農家だから気にしないでと言われて、月に数回届けてくれています。

私も犬のおやつを届けたり定期的に会いにいくようにしているのですが、おばあちゃんから頂くものは本当に生活に必要なものが多くて助かっています。

私も仕事をしているので、買いに行くのも大変だろうからと気遣ってくれて、洗剤やトイレットペーパー、テッシュ等も持ってきてくれます。

果物は高いからと滅多に買わないのですが、それもおばあちゃんが用意してくれるので旬の果物が食べれて助かっています。

ダイエットのためにと思って少し後悔

ダイエットのためにサプリを飲む人は結構いると思いますが、ナイシトールなどの漢方系のものってありますよね。結構な値段なのですがあまり効かないと言われているカロリミットなどに比べたら結構効き目はあると聞いたことがあるので、それに似たものをこの前買ったのです。

昨日まで飲んでいました。名前とブランドは違うのですが、有効成分は同じで、しかも配合量はかなり多いのですよね。きっと有名なブランドではないから安いのかもしれませんね、遠い地方で製造されているみたいですし。

それはそれで、それを食事前に6粒飲むのですが、便通が良くなることは確かです。これで痩せるかどうかは謎ですが、身体に変化があることは確かですね。食事の後のオナラが半端ないです。これは結構キツイですね。職場でオナラばかり我慢していて辛かったです。ちょっと支障が大きそうなのでやめておくことにします。今日はもう飲むのやめました。

なかなか捨てられないもの

本棚を新しく購入したので、せっせと本の整理に勤しんでいます。

そんな時に一番悩んでしまうのが、本の整理に処分についてなんです。

思い入れのある本は、ボロボロになったりカビたりしても、なかなか処分する決心がつかないんですよね。

そのせいで本は増える一方、いい加減多少は処分しないと、さすがに収納しきれない感じになってきました。

そこで白羽の矢を立てたのが、子供が使用済みの教科書たちです。

もう二度と使うことはないもののはずなのに、なぜか処分できずに全部取って置いていたんです。

私の実家にも、自分が子供の頃の教科書が全て残されていました。

この本を捨てられないところ、もしかして遺伝でしょうかね…?

でもやはり何か処分しないことには始まらない!ということで、やっとこさ大量の教科書を処分しました。

ちなみに、教科書って全てにフルネームを記入してしまっていますよね。

そのまま処分するのは気になったので、名前の部分をマジックで塗りつぶしてみました。

でもよーく見ると、うっすら透けて読めてしまう…。

悩んだ末、名前の部分はハサミでカットしてしまうことにしました。

けっこう手間のかかる作業で大変でしたが、教科書がなくなって本棚もスッキリ、気分もスッキリ気持ちよくなりました。

黒出目金だったのにお尻だけ赤くなりました!

家の外で金魚を飼っています。20匹程がプラスチックの円形のオケで泳いでいます。ほとんどが赤い金魚ですが1匹だけ金魚すくいですくった黒い出目金がいます。その出目金は3年前に連れてきてどんどん大きくなって体長は15センチ位あります。尾ビレも胸ビレも長くなり優雅に泳いでいます。

ですが黒いので、ぬ〜と現れるとボスキャラの様でちょっとヒキます。黒くて禍々しいヒレをフワフワさせながら黒出目金がオケの影が映り込んで暗くてよく見えない水中からボワ〜っと現れると飼主も「おお、いたのね」と思ってしまいます。

そんな黒出目金に変化が起こっていました。黒出目金が潜ると赤いものか見えるのです。何だろうと水面に近づいて見ると尾っぽの付け根の下のお尻のあたりが赤くなっているのです。金魚は幼魚の時は黒子と呼ばれ黒いですが半年から3年すると褪色して赤やオレンジになります。

黒出目金はお尻だけ褪色していて丸々としたお尻の部分だけ真っ赤です。褪色が進み全身が赤くなるのかはわかりませんが、今は赤尻黒出目金です。上から見ると蛍みたいで可愛い。潜るとお尻は真っ赤で笑えます。可笑しくて友人が来た時に見せたら友人も「猿みたい」と笑っています。なんでもない黒出目金が赤尻出目金になってとても癒されています。

今が旬!見たらハマること間違いなし!

大人気アイドル、防弾少年団今韓国で絶大な人気を誇る防弾少年団。

彼らの人気は世界中で旋風を巻き起こしてます。

私は最初グループのネーミングで見向きもしませんでした。

でもある時YouTubeを見て彼らにどっぷりハマってしまいました。

平均年齢は若いですが歌のセンスよし、ダンスのセンスがよしでもう何も言葉に出来ないくらいに私のどストライクでした!

それからと言うもの、彼らにどっぷり浸かり、毎日YouTubeチェックです。

彼らはヒップホップアイドルというくくりみたいですがアイドルらしからぬドスの効いたラップ、一糸乱れぬダンスで魅力します。毎日彼らの動画を見てからでないと寝れないくらいハマっています。

グループみんなが仲良くて面白くて毎日心が満たされて眠れます。

まずメンバーで嫌いな人がいません。みんな好きと言えるくらい大好きです。

ファン思いで見てて癒されます。

まだライブは行ったことありませんが絶対に次のツアーがあれば行こうと決心しています!

彼らの魅力は計り知れないので自分の満足する限り応援して行こうと思います。

私の趣味である舞台を見に行くことについて

私の趣味は舞台を見に行くことです。

好きな舞台俳優がいて、その人を目当てに見に行きます。

ファンクラブにも入っていて、舞台が決まるたびに行っています。

見に行くにあたり、私の中で決めているルールがあります。

それは、一つの舞台につき最低2回見に行くことです。

2回とは、初日と千秋楽のことです。

この2日は終演後に舞台挨拶があり、俳優の役に入っていない部分(素に近い状態)が見ることが出来るので、外せません。

先日も舞台があり、全部で3回見に行きました。

千秋楽は大阪まで見に行きました。

舞台の素晴らしいところは、二度と同じ舞台はなく1回1回に違いがあることです。

俳優同士のアドリブだったり、セリフを噛んだりなどどんなハプニングが起こるか分からないのも、面白い部分です。

現実離れした内容は、私自身の現実も忘れさせてくれます。

嫌なことがあったとき、舞台で夢を見て現実を忘れる時間を作り、気持ちをリフレッシュさせます。

そうすることで、嫌なことを忘れまた頑張ろうという気力になります。

舞台は、私の活力だと思っていますので、これからも続けたいです。

こんなものがこんな場所にあるなんて思わないです

数日前、シーツを洗濯しようとベッドからはがすと、何とベッドパットの上に500円玉があるではありませんか。

普通こんなものがシーツの間に挟まっていたらすぐに気がつくだろうという話なのですが、入っていた場所がかなり上の方で枕のせいで違和感に気づかなかったようなのです。

しかし問題はいつこの500円玉がこんな場所に入ってしまったかということです。

前回変えたのは数日前ですが、その時のことを思い出そうとしても500円玉が入る余地なんかあったとは思えないのです。

何だかなあと、納得行かずにとりあえずゲットした500円玉を貯金箱に入れておきました。

そして今日、いとことLINEをしていると「そうだ、この前借りた500円返しといたけど気づいた?」と言ってきたのです。

あの500円はもしや!?と、いとこにベッドに隠れてた500円の話をすると「何だーもう見つけちゃったんだ」とか言われました。

そりゃシーツ交換すれば嫌でも気が付きますけど、まさか遊びに来ていたタイミングであんないたずらされてるなんて気づかなかったですよ。

借りたお金はちゃんと本人に渡すようにいとこには言い聞かせておきました。

私の頼もしい小さなヒーロー

私には4歳の娘がいます。産後は体調が悪いのと親とは不仲で実家に帰ることができず、更に旦那は育児に非協力だったので私は誰の手も借りれず赤ちゃんの娘を世話をしていてとても寂しく孤独でした。

娘が1歳になり歩けるようになるさらに大変になりました。2歳になってから魔の2歳でわがままですごく手がつけられず大変でしたが、3歳から少しずつ会話もできるようになり3歳から幼稚園に通園するようになり、すごく成長しました。その前幼稚園でお母さんの似顔絵を書いたようで私の似顔絵を描いて渡してくれました。三枚描いていてくれていて、どれもニコニコ顔で

なぜ全部同じ顔なのかときくと娘はママいつもニコニコしてるからニコニコしてる顔しかかけないのーと言われとてもうれしかったです。娘は私にたくさんの幸せをくれます。

旦那に怒られてるときも、ママをいじめるなーとすぐ助けてに来てくれます。

お皿洗いも洗濯物を干すのもたくさん手伝ってくれます。

私の体調が悪い時は心配してくれます。今は私はもう寂しくはないし孤独ではありません。

娘は私にとっても頼もしい小さなヒーローです。