友達との待ち合わせ場所へむかう

近頃は外を散歩していると、色とりどりの花が咲いていてきれいだなあと思います。緑の葉っぱがあちこちにみられるので、散歩していると気分がよいです。夕方から友達と会う約束をしていたので待ち合わせ場所にむかいました。夕暮れの空を見るのも好きでオレンジ色になった空をいつまでも眺めていたくなります。夜になりかけの空は街のライトに照らされて、なんだかロマンティックな雰囲気だなと思います。街を歩く人の表情もなんとなくあかるい感じに見えました。ちょうどハイヤーが車道を走っていて、とてもかっこいいデザインの車だなあと思いました。海外ドラマに登場しそうな感じで、なんだかこれからよいことが起こりそうな気がしました。待ち合わせ場所に着くと、友達はまだ着いていなかったので、街行く人たちを眺めながら待っていました。夕方から夜の待ち合わせってとてもよいなあと思います。

夜の海で偶然、花火を見ました

今日は仕事が終わったあと、あまり疲れていなかったので海の風に吹かれたいな、と思って、駅前でタクシーを拾って海岸の方に向かいました。タクシードライバーの方が気さくな人で、私に、お仕事お疲れ様です!と声をかけてくれました。なんだか、うれしくなりました。10分ほど走ると夜の海が見えてきたので、道路の脇のコンビニの前で降ろしてもらいました。そこで、コーヒー2本を買ってそのまま海岸までゆっくりと歩いていきました。風がとても心地よく、波が静かに揺れる音がやさしく響き、なんというか、どんどん心穏やかになっていく感覚を噛み締めることが出来ました。その時、突然、20代から30代くらいの若者中心の集団が海岸に雪崩れ込んできました。そしてわいわいがやがや言いながら、花火を始めました。私はそれを眺めながらコーヒーをゆっくりと飲んでいました。花火が思いのほかきれいで、ちょっと得した気分になりました。

一人の時間が長いタクシードライバー

タクシードライバーには他の一般的な仕事にはない独特な特徴が色々あります。その中の一つが一人でいる時間が長いということです。もちろん、多くのお客さんを乗せるので、その意味では一人ではないのですが、普通の会社員のように上司や同僚、部下たちと一緒に仕事をすることはありません。

一人の時間をどのように使うのかは、基本的にタクシードライバーの自由に任せられています。そのため一人でいることが苦にならない、むしろ好きな人にはとても向いている仕事と言えます。人によってはいつも仲間と一緒じゃないと不安という人もいることでしょう。しかし、それとは逆に一人が楽しいという人もいることでしょう。タクシードライバーの適正を考える上で、一人で仕事をするのが好きかどうかは大切なポイントです。上司の目を気にしないで1日の時間を過ごせるというのは魅力ですし、お客さんを待っている間の時間なども有効に使うことができます。

臨場感のある広告

広告看板の世界がデジタルサイネージという技術によってアップグレードされてきている。ネットワークに接続することによって、看板の架け替えが必要なくなり、いつでもニーズに合った内容に差し替えられるのは画期的である。

また、デジタルの優位性としてセンサーなどと組み合わせることにより、ピンポイントでなおかつ動的に訴求することが可能になる。

ネットワークにつながっていなくてもデータを保存しておけるので大量の広告を瞬時に入れ替えることが可能である。動的な表示が可能であるために一般的な広告看板に比べて注視度があがるので訴求力を格段に上げることが可能である。

駅構内や電車内などではもはや一般的に見られるようになり、都心部のビルなどでは巨大なディスプレイにおいて見受けることができる。

これまでの広告看板では味わえない、ダイナミックで臨場感のあるデジタルサイネージのコンテンツが表示できることで、看板広告はこの技術が主流になるのであろうと考えられる。

3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの違いとは?

ファクタリングには、「3社間」で取引するものと「2社間」で取引するものがあります。違いは、取引先を含めるか含めないかです。
自社、ファクタリング会社、売掛先会社の3社で契約を結ぶ取引が、3社間ファクタリングです。取引に関わる全ての者が譲渡を承諾します。大手企業の多くは債権譲渡に難色を示す傾向が強いものの、大手金融関係で主流の仕組みです。
3社間で売掛債権譲渡契約を締結するファクタリングでは、売掛先も債権譲渡を承知しています。送金が買取会社へ直接入金される仕組みのため、回収の確実性が高まります。
取引先に資金繰りの悪化を知られずに済むのが2社間ファクタリングです。手数料は、3社間に比べると高くなる傾向があります。買取側からすると、リスキーな取引だからです。売掛先企業の信頼性が著しく低いと、審査時に満額を買取してもらえないこともあります。

ファクタリングとは何か

ファクタリングとは、売掛の債権に保険をかけることでリスクを軽くしたり、まだ回収していない売掛金を買い取ってもらったりすることができるサービスのことです。これには、メリットとデメリットがあります。
メリットは、資金をすぐに調達することができるという点です。1日でお金を振り込んでくれる会社もあり、すぐに現金が欲しい場合には助かります。また、ファクタリングは融資とは異なるため、保証人や担保が必要ありません。
デメリットは、手数料が高めである点です。調達スピードが速い分、コストがかかってしまいます。銀行の金よりも高めになっているのです。さらに、債権譲渡登記が求められる場合があり、こちらでも費用が発生してしまう可能性があります。
ファクタリングはすぐに資金を調達できるという魅力がある一方で、費用が高めに発生してしまうため、利用する際はよく考えてからにしましょう。

高難易度のプログラマーの仕事

私がプログラマーとして活動したのは十数年前の話でした。当時私は、情報系の大学でプログラミングの基礎を学んで、新卒で北海道のIT企業に入りました。しかし、地方では、IT系の仕事は殆ど無く、受託開発による東京への出向という形で転勤になりました。大手企業への出向ということになりましたが、そこでの仕事は、難易度のかなり高いプロジェクトに携わることになりました。

大企業向けのスイッチングハブの開発ということで、社員同士のコミュニケーションもほとんど専門用語ばかりで、最初の1年はひたすらメモを見ながらの作業をし、1件終わるのにかなりの時間を要した記憶があります。また、プログラマーの仕事は、プログラミングだけではなく、各種仕様書の作成、レビュー対応、デバッグなど多岐に渡るものでした。おそらく、その中には、システムエンジニア的な仕事も行っていたでしょう。

車購入よりコストが安い

過去に軽自動車を所有していましたが、稼働率が低く、ランニングコストも高いため色々考えた末、手放しました。

そして今は、どうしてもという時はタクシーを利用しています。雨の日や荷物が多い時に限りますが、月平均だと、5.6回は利用しています。近所の人には、不思議に思われることもありますが、コスト的には断然この方が安いです。保険代、燃料代、駐車場代、車検費用、タイヤ代、オイル代、出先での駐車場代、など、あらゆる維持費が一切かからないので、時折タクシーに乗っても、ラン二ングコストとは比べものになりません。

また、空いた駐車場を知人に安く提供することで、僅かながら実入りも増えたこともあります。タクシー会社何社かの電話番号も登録しているので家の前まできてくれるし、本当に便利であり無駄なコストも落とせるので、私にとって一石二鳥となる選択でした。

不動産売却ではどこに売るのかが大事

不動産売却を検討する時には要するに買ってくれる相手がいなければならないということは忘れてはならない部分と言えるでしょう。では、それはどこになるのか、ということですが一つは、不動産会社そのものといえます。不動産会社が直接買取をしているということはありますのでそういうところを探すというのも十分に意味があることになります。もう一つが個人売買であり、こちらの方も決して悪いことではないのですが仲介に不動産業者を入れずに個人間で本当に売買をしようということになりますとかなりのきっちりとしたミスのない契約書を書かなければならないということになりますのでかなり大変なことになるということは理解しておいた方が良いでしょう。それでもメリットがあることになります。不動産というのは持っていても仕方のないことというのもあったりしますのでそういうものはできるだけ早めに処理できるようにということを考えておくのがプラスになることです。

子供時代に憧れたタクシー乗務員の仕事

子供のときに、初めてタクシーに乗って、そのタクシー乗務員の姿や動き、身のこなし方、そして車内の独特の匂いが強い印象に残っていて、憧れた記憶があります。

タクシードライバーというのはかっこいい、素敵である、いつかはその仕事に就いてみたい、子供ながらにそのように思ったことがあります。

確かにタクシーというのは、スムーズな動き、自動でドアが閉まること、行先を言えば、すぐに頭の中にマップが入っていて、どの道を走れば良いのかがわかるし、道を間違えることがまずありません。

もちろん最近はナビが付いているので、問題はないですが、以前はそのようなものは一切なく、頭の中にマップが入っているのです。それも1つのスキルであり、どこにでも行くことができるというのは凄いことです。そしてタクシー乗務員は、かなり狭い道でも余裕で入っていったりすることができます。