異性的な出会いは難しい

出会いというのは特に異性の場合は何かしらタイミングがあるということになりますし、単純に友達としての出会いというわけではなくきちんとお互いに異性として意識したもの、となりますと割とハードルが高くなったりします。また、どんな出会い方かということによって相手に対する考え方なども変わってくるということになりますので、なかなか難しいことであることは確かでしょう。 ですが最近ではネットを活用した出会い方というのもありますのであまり友人がいない人であろうとそれなりに出会う方法というのは見つけることができるようになっています。これは素晴らしいことであるといえるでしょう。すぐに異性的な関係になることを目的とするような出会いというのもあるでしょうが、そうではなくてまずは友人から段階を踏みでということを考えてみると割と出会いやすいというのは間違いないです。

息子さんの遺骨の代わりに宝物の車の模型を

豪雨被害のニュースを見ていたのですが、涙が出そうになってしまいますね。
息子夫婦が巻き込まれてしまったという方のお母さんがインタビューに回答されていました。
お嫁さんは遺体で発見されて、息子さんは一年以上経っても遺体が見つからないそうです。
遺影は結婚の時の写真と思われる物が飾られていました。
二人が出会い結婚して幸せな生活を送っていたと思います。
しかし夫婦で食事の帰りに被害に巻き込まれてしまって本当に悲しいです。
どちらか片方が無事だったらもっと辛かったのかなとも思いますが、残されたお母さんの気持ちを思うと大切な人を一度に失うのは凄く辛いことですよね。
このお母さんは区切りを付ける為に息子さんが大好きだった車の模型を遺骨の代わりに納骨することに決めたそうです。
時間がどんなに掛かってもいいのでこの息子さんの遺骨が見つかって欲しいと思いました。

出会い系もいろいろあるんです!

出会い系というと、何やら怪しい系?と思われがちですが、出会い系からセックスなしで10年以上続いている相手がいます。また、一方で、出会い系で何度か会っているうちに、セックスをしてしまった相手もいますが、セックスをした男女間というのは、セックスなしの間柄よりもさらに親密になり、これはこれで良い感じです。さらに、セックス目的での出会いがあります。見知らぬ人とのセックスは刺激的です。さらに、事前にお互いの性向を話し合った上での出会いは期待が高まり、実際に会って、その性向がお互いの感性とマッチすれば、その付き合いは長続きし、日常とは違う刺激的な時間を過ごせる大切なものとなります。ただし、出会い系の人が本当の恋人になるまでは、病気の心配がありますから、コンドームは絶対に必須です。
ちょっと悲しい話しですが、長い間、同じ相手とのセックスではマンネリが生じがちです。未知の人との出会いは要注意ですけれど、出会い系を賢く利用できれば立派なオトナなのです。

いつの時代も母は強し!

僕の近所に住むとあるシングルマザーの方のお話です。

僕はこのシングルマザーさんと会えば挨拶をして、お話しするくらいの仲です。

とても気さくでいい方で、面白い方です。(笑)

そんなシングルマザーさんのお仕事といえば、昼は事務員さんをして夜はタクシードライバーをしてらっしゃいます。

20代なのに働きものの彼女を見ていると、僕も見習わないといけないと思うほどです。

前の旦那さんは転職ばかりして、定職に就くことをする方ではなかったようですし、暴力も振るわれたということで離婚されたそうです。

それで子供は1人(女の子)がいるので、仕事をしないといけないという事で元々やっていた事務員をしながら、タクシーの運転手もしているのです。

僕が「何故タクシードライバーを?」と質問したらママさんは、「私、車好きで運転好きなのよ!そして、人を目的地まで届ける仕事って何だか素敵だなと思ってさ!後は娘を育てないといけないからね。私が頑張らないと!」という理由でした。

確かに車好きなのは薄々気づいておりました。愛車がRX-7ですからね。いつもピカピカでカッコイイです!

僕もスポーツカーでも購入してみようかな!なんて思いました。

恋活と婚活の違いについて

最近は婚活アプリだけでなく、恋活アプリなども登場していて、出会いを求めている人が増えているように感じます。
婚活と恋活の違いはなんなのでしょうか。
字のごとく、婚活は結婚相手を見つけることが目的で、恋活は恋人を見つけることが目的です。
両方ともパートナーを探しているという部分は共通しているものの、その先にあるゴールはちょっと違うようです。
婚活は結婚が目的なので、一緒にデートをして楽しんだりということではないようです。
重要視されるのは、経済力や性格、価値観など、将来を見据えて一緒に生活する点において大切になるであろう部分です。
だから、婚活は慎重になりやすく、決断力も必要になるでしょう。
ですが、恋活は結婚を前提としない出会いを目的としているので、慎重さは下がるでしょう。
出会いが少ない環境にいる方が多く行っているようです。
気軽に取り組むことができるので、意外と結婚に進む人も多いようですね。
婚活と恋活をうまく組み合わせて行っていくと、素敵な出会いが待っているかもしれません。

父親にタクシー運転手にならないかと誘われ

私の父は、昔からタクシードライバーとして働いています。正直、給料はそれほど高くはないが、マイペースな性格の父親には合っているみたいです。
対照的に私は、小学校の教師として勤務しています。確かに給料は多いのですが、一日の拘束時間は多く、土日祝日に勤務する日も少なくありませんでした。更には、最近は様々な文句を言ってくる所謂「モンスターペアレンツ」と言われる人たちが不得手困っています。大学時代、必死に勉強しようやく手に入れた教職という仕事でしたが、実際勤務してみると肉体的にも精神的にも大変でした。
私は、お盆休みで帰省して父親と会った際、仕事の悩みを打ち明けました。父親は、「いっそのことタクシー運転手にでも転職してみたらどうだ?」と提案してきました。それまで、タクシー運転手の仕事のことなど考えていませんでしたが、今では本気で考えています。

メールフレンドが癒しになるとは

SNSが当たり前の時代になってきて、メールフレンドというのも悪くないなと思っています。
ネットでの出会い系なんて危ない、という時代は少し古いように感じます。
出会いを目的としないサイトやSMSでいつのまにか仲良くなってメールフレンドになったことも多いです。
画面の中だけの付き合いだけでも、リアルな友達よりも近く感じる時があるからです。
顔が見えないからこそ建前なく、言える本音もあるし、向こうもそう思ってくれているような気しています。
そしていつでも話せること。言いたいなー、伝えたいなーと思った時にすぐにメッセージを送れる仲。
向こうも同じように思ってくれています。
こんな本読んだよ、こんなものを食べたよ、こんな景色を見たよ。
気軽に送りあえて、時間を縛らないで付き合える気軽さが気に入っています。
メールフレンドだからこそ言える本音もあるのも本当です。

インターネットで探すタクシー求人

タクシードライバーとしての求人はどのくらいあるのでしょうか。タクシー会社は数多くのタクシーを保有していますが、そのタクシーが遊んでしまっている、つまり運転手がいないために、眠ったままになってしまっている車があります。それで、いつも常時ドライバーの募集をしていることが多いです。なかには大量の募集をすることもあります。高齢者も若い人たちも、幅広い年齢層の人たちに手を差し伸べているのです。

そんなタクシードライバー求人ですが、応募し面接をすると、採用される可能性が極めて高く、落とされることの方が少ないに違いありません。ですからやってみる価値がありますし、収入も比較的安定しています。そして夜勤をしてみたり、日勤がいいのか、いろいろな時間帯にタクシーを走らせてみることができるでしょう。タクシー求人は、インターネットで検索して探せます。

タクシー業界への転職を本気で考えたくなった瞬間

知人にタクシー運転手がおり、最近お酒を飲み交わした時に業界の話を聞いてきました。

私は現在営業をおこなっているのですが、タクシー業界への転身というのもありなのかなと考えさせられた内容です。

それには私の誤った主観があり、バブル期に比べると閑古鳥が鳴き続けている状態と勘違いしていたんです。

運転技術は当然必要ですが、常日頃から車を運転している方でかつ、エリアの地の利に知見があれば決して狭き門ではないことがわかりました。

売上で差がつくのは、圧倒的にお客様に対して無下な対応を取らないことに徹する。基本に忠実でいると、指名などで頻繁に電話での依頼があるという話を聞き、展望もあるなと感じたのです。

会社選びは、無名または聞いたことのないタクシー会社は避けること。加えて、職業安定所だけではなく、転職サイトを活用することも優位に働きかけるとの助言も知人にもらいました。

近年では、入社祝い金制度を設けて成長に投資してくれる会社も多いのだとか。

門戸を広くしてくれているのは、もしも転職を考えた時にふと思い出してしまうものですよね。

また、求人も入社祝い金などを含めた魅力的な特典もあるために、タクシー業界での就業も本格的に考えたい。そう新たな気づきを得ることができた知人には感謝せざるを得なかったものです。

フリーランスエンジニアには女性も増えてきている

女性はOLとして会社勤めをしているかもしれませんが、なにかの職場環境が良くないと感じるかもしれません。異性との接し方や上司とのこと、その他どうしても難しくストレスになりやすい環境が多く、そうしたことから逃れたい気持ちになることもあるでしょう。そんな時に、会社員として仕事を続けるのではなく、フリーランスになって、特にエンジニアとしてやってみることができるかもしれません。

なんとなくフリーランスのエンジニアと聞くと男性のイメージが強いですが、最近は女性も増えてきました。パソコンスキルがあり、プログラミングできるだけの技術を持っている女性たちは、自由でストレスのない環境での仕事を望んでおり、その点でフリーランスになることは憧れでもあります。結婚して子供ができたとしても、自宅でエンジニアとして仕事を続けることができるという点でのメリットがあります。