車購入よりコストが安い

過去に軽自動車を所有していましたが、稼働率が低く、ランニングコストも高いため色々考えた末、手放しました。

そして今は、どうしてもという時はタクシーを利用しています。雨の日や荷物が多い時に限りますが、月平均だと、5.6回は利用しています。近所の人には、不思議に思われることもありますが、コスト的には断然この方が安いです。保険代、燃料代、駐車場代、車検費用、タイヤ代、オイル代、出先での駐車場代、など、あらゆる維持費が一切かからないので、時折タクシーに乗っても、ラン二ングコストとは比べものになりません。

また、空いた駐車場を知人に安く提供することで、僅かながら実入りも増えたこともあります。タクシー会社何社かの電話番号も登録しているので家の前まできてくれるし、本当に便利であり無駄なコストも落とせるので、私にとって一石二鳥となる選択でした。

約30年振りに5km以上自分の足で走ってみた

自分の足で走るって…辛いですね。
実は最近、ふと思い立ってランニングをしようと思ったんですよ。
約30年振りにね。
ここ数年ロードバイクに乗っていて、ヒルクライムや長距離を走ってもなかなか納得できる走りができない。おそらく心肺機能が弱いのではないかと思い、どんなトレーニングが良いかなぁと考えた時に「ランニング」となった訳です。
正直言って長距離走は大の苦手で、学生時代は中の下といった感じでした。
まず最初の日が凄かった。
ゆっくりならそこそこ走れるだろうと思っていたが、それは甘い考えでした。
1kmもまともに走ることができず、数百m走っては歩きを繰り返す状態だったのです。
そして思ったことはこの一言。
「走るってこんなに辛かったっけ?」
結局その日は5kmほど走って足と呼吸器が限界を迎えて終了となりました。
しかし走り終わるとロードバイクで走ったときとは違う達成感があって、自分の足で走るのも良いかもしれないと感じたのも事実。
ロードバイクのためのランニングというもの変な話ですが、これからも自分の足で走ってみたいと思います。

色々な婚活パーティーがある

この前テレビでマスクの特集してました。そう、あの日本人が大好きなマスク。私も、風邪引いてなくても使うことはたまにあります。

すっぴんで外に出るときとか特にです。そのテレビでやってたのは、マスクがきっかけで出会い、結婚まで至った夫婦の紹介でした。

二人はそれぞれ婚活中で、ある婚活パーティーに参加したそうです。その婚活パーティーがちょっと変わっていて全員マスク着用が義務付けられています。もちろんスタッフもです。どうやら、マスクをつけることによって、普段は自信がない人も比較的楽に相手の目を見て話せるし、いきなり顔から判断する(される)ことがないから、性格の一致で本当に良い出会いが期待出来るという狙いのようです。仮面を付けて、というのは以前どこかで聞いたことがあるけど、それと似たようなものかなと思いました。

でも、マスクつけた状態で出会ってそのまま付き合うようになったら、それこそずっとマスク外せなくなるんじゃないのと心配になりましたけど。そのテレビで紹介されていたご夫婦は、結婚式も前撮りのアルバムも、全部マスク付けたままでした。誇張はしてると思うけど、異様というか、でもマスクで繋がった二人だからこれでいいのかな、と妙に納得したりもしました。色々な婚活パーティーがあり、色々な出会いの形がある。面白いですね。

メールの印象をよくする方法

出会いを思った時に、その方法として活用するのはなんと言ってもメールではないでしょうか。そのメールについて、方法を間違えてしまうとつながることがなくなります。特に思うのは、男性からのケールについてです。ここでは、男性からのメールでこんな内容は嫌と思うことについてご紹介します。

・会いたいと直ぐにいう
会いたいということを、メールを始めてすぐに言うのはちょっとひいてしまいます。それは、焦っていると思ってしまうからです。女性としては、やっぱりそこは慎重にいきたいんですね。その慎重さを見ることができないメールは嫌になってしまいます。

・文章が理解できない
文章を見た時に、何をいいたいのかわからないことがありますね.その時、男性として、大丈夫だろうかと心配をしてしまうのです。文章が下手というのはいいのですが、何を言いたいのかわからないのは困ります。

再婚し新しい生活をスタートさせることの喜び

再婚という立場での夫婦生活がスタートすると、どのような気持ちがするのでしょうか。いろいろな場面で以前の配偶者との違いを感じるに違いありません。

それは反応の仕方や食事の仕方、そして良い点も悪い点も、ついつい以前の人と比べてしまうものです。とはいえあまり比べ過ぎると、相手はあまり気持ちの良いものではなく、比較されることを嫌になってしまうことがあります。

できるならば、以前の人のことは忘れて、新しい生活がスタートしたのですから、新しい恋人と作る人生を楽しむ方が良いのです。再婚というのは、バツイチであるゆえに、いろいろなことを経験したので、知恵を持っていますし、賢く行動できるかもしれません。相手がやや物足りないと感じることもあるかもしれませんが、男と女がひとつ屋根の下で暮らすというのは、素敵なことであり、ラブラブできるので、プラス思考で接することができます。

業者を変えることで婚活をする

なかなかうまく婚活が進んでいかない、異性と接触ができない、デートやメールでのやりとりすらなかなかである、そんな感じになってしまう場合には、どこに問題があるのでしょうか。

ひょっとすると、利用している婚活サイトがいまひとつなのかもしれません。例えば無料で簡単に登録ができて、すぐに利用ができるようなサイトは、会員数そのものはある程度いるかもしれませんが、なんとなく登録し、異性からアクセスがあればラッキーであるくらいの気持ちでいる場合は少なくありません。

そうした感じの相手へのアクセスだと、真剣さがないために、やりとりはあまり進まない可能性が高いです。そんなときには婚活のために業者を変えてみるのも1つの方法です。業者を変えることで、質の良い出会いをアレンジしてもらえるかもしれませんし、本人そのものもやる気になれるので必要かもしれません。

ひたすら副業をこなしている休日

最近は、副業を休日にやることが多いです。
というのも、他の人と休みが違うから誰かを呼ぶのも難しいって感じなんですよね。
それで、なんとか今日は副業をやることにしました。

引越しを控えているので、とにかく荷物整理と同時並行で副業をやることに。
途中で本を読んだりあれこれできるので、在宅作業はこれはこれでいいかなって。

とはいえ、真剣に取り組まないとあまり時給は上がらないのですけどね。
それゆえ、これからの時間はちょっと気合を入れて仕事をしようと思います。

せめて今月のデート代くらいは稼ぎたいなって思っているので目標は5万円です。
5万円を稼いだら、その後は少しのんびりしようって思っています。
今はとにかくお仕事があるのでありがたいなって思っていますしね。

夜にはブログ記事も書きたいし、明日は出かけたいなって思っているので今日は稼ぐことに集中したいです。

妹の可愛い犬を触りたいけどちょっと怖いです

先月から妹夫婦が犬を飼い始めました。
オスの犬が犬種はチワワです。
小さい犬が欲しかったみたいですが、まさかチワワを飼うとは思っていなかったのでびっくりしています。
私はまだ2回しか犬に会っていませんが凄く可愛いです。
しかし問題は私が犬に恐怖心を持っているのでなかなか触ることが出来ないことです。
犬は大好きなのですが、犬は噛み付くようなイメージがあるので怖くて触ることが出来ません。
一回目に会った時は私の手をなめたりしていたのですが、この前来た時は妹や旦那さんの手を噛んでいたので怖くてほとんど触ることが出来ませんでした。
早く犬に慣れて私もたくさん触れるようになりたいです。
妹はあまり怖がると駄目だよと言うのですが、なかなか恐怖心が抜けません。
でもやっぱりそれでも可愛くて見ているだけでも癒されます。
また次に会えるのも楽しみです。

ブサイクでもアプリで出会えます!

結婚して2年がたちました。私の旦那さんとの出会いは、今はやりのアプリです。最近アプリで出会って結婚って多いですよね。

どんなプロフィールで出会ったか紹介します。私は顔には自信がありません。正直中の下くらい、かわいくはないけど、愛嬌で勝負といった感じです。そのため、プロフィール写真にも自分の写真を載せることができず、(写真そのまま載せたら誰からも連絡がこないのではないかと思いました)後ろ姿の写真を載せました。ただ、そんな写真でもたくさんメッセージがくるのです。なぜでしょう?そのとき25歳とそこそこ若かったからでしょうか?そんなたくさんのメッセージから厳選した選抜メンバーと会い、付き合う人が決定しました。付き合った人と3年後結婚することになりました。プロフィールは写真を載せないといけないことはないのです。

アプリってどうだろうと不安な方たくさんいらぃしゃるかもしれませんが、簡単に出会えます。結婚もできます。出会いに悩んでいる方はぜひ使ってみてください!

華やかな指先

今日は1か月ぶりにネイルを替えに行きました。
いつもと同じお店、同じ席、同じスタッフのお姉さん、だけど喋り出す時が少し緊張します。だいたい声をかけるのは私から。何を話すか考えてきていないから、いつも献立の話や、ペットの話、友達から聞いた話。席につくときは緊張するのに、帰る頃になると、いつも話し足りないような気分になります。
今日はおいしいカフェを教えてあげたら、おいしいレシピを教えてもらえたので、帰りは早速スーパーに寄りました。おなかが減っていたから、ついついいろんな物を買いそうになったけれど、ぐっとこらえて、急いで自宅へ。
華やかになった指先を見て、思わずにやけてしまいます。
指先が変わるだけで、こんな簡単に気分がアガるなんて、単純だけど、これでまた1か月頑張れる。