息子さんの遺骨の代わりに宝物の車の模型を

豪雨被害のニュースを見ていたのですが、涙が出そうになってしまいますね。
息子夫婦が巻き込まれてしまったという方のお母さんがインタビューに回答されていました。
お嫁さんは遺体で発見されて、息子さんは一年以上経っても遺体が見つからないそうです。
遺影は結婚の時の写真と思われる物が飾られていました。
二人が出会い結婚して幸せな生活を送っていたと思います。
しかし夫婦で食事の帰りに被害に巻き込まれてしまって本当に悲しいです。
どちらか片方が無事だったらもっと辛かったのかなとも思いますが、残されたお母さんの気持ちを思うと大切な人を一度に失うのは凄く辛いことですよね。
このお母さんは区切りを付ける為に息子さんが大好きだった車の模型を遺骨の代わりに納骨することに決めたそうです。
時間がどんなに掛かってもいいのでこの息子さんの遺骨が見つかって欲しいと思いました。