タクシー業界への転職を本気で考えたくなった瞬間

知人にタクシー運転手がおり、最近お酒を飲み交わした時に業界の話を聞いてきました。

私は現在営業をおこなっているのですが、タクシー業界への転身というのもありなのかなと考えさせられた内容です。

それには私の誤った主観があり、バブル期に比べると閑古鳥が鳴き続けている状態と勘違いしていたんです。

運転技術は当然必要ですが、常日頃から車を運転している方でかつ、エリアの地の利に知見があれば決して狭き門ではないことがわかりました。

売上で差がつくのは、圧倒的にお客様に対して無下な対応を取らないことに徹する。基本に忠実でいると、指名などで頻繁に電話での依頼があるという話を聞き、展望もあるなと感じたのです。

会社選びは、無名または聞いたことのないタクシー会社は避けること。加えて、職業安定所だけではなく、転職サイトを活用することも優位に働きかけるとの助言も知人にもらいました。

近年では、入社祝い金制度を設けて成長に投資してくれる会社も多いのだとか。

門戸を広くしてくれているのは、もしも転職を考えた時にふと思い出してしまうものですよね。

また、求人も入社祝い金などを含めた魅力的な特典もあるために、タクシー業界での就業も本格的に考えたい。そう新たな気づきを得ることができた知人には感謝せざるを得なかったものです。