臨場感のある広告

広告看板の世界がデジタルサイネージという技術によってアップグレードされてきている。ネットワークに接続することによって、看板の架け替えが必要なくなり、いつでもニーズに合った内容に差し替えられるのは画期的である。

また、デジタルの優位性としてセンサーなどと組み合わせることにより、ピンポイントでなおかつ動的に訴求することが可能になる。

ネットワークにつながっていなくてもデータを保存しておけるので大量の広告を瞬時に入れ替えることが可能である。動的な表示が可能であるために一般的な広告看板に比べて注視度があがるので訴求力を格段に上げることが可能である。

駅構内や電車内などではもはや一般的に見られるようになり、都心部のビルなどでは巨大なディスプレイにおいて見受けることができる。

これまでの広告看板では味わえない、ダイナミックで臨場感のあるデジタルサイネージのコンテンツが表示できることで、看板広告はこの技術が主流になるのであろうと考えられる。