私の頭の中のモヤモヤ

不動産会社に経理として勤務していて、ちょっと疑問に感じたことがありました。
私が勤めていたのは外装・内装工事を行う会社さんで、1件あたりの売上金額が一千万円を超える工事が多かったです。この売上を立てるときはほぼ売掛金(建設業簿記の勘定科目だと完成工事未収入金が使われるのですがここは誰でもイメージしやすいように売掛金を使います)に計上するんですね。そして、建設関係だと皆同じようなものらしいんですが、実際入金されるまでのタイムラグが最低1.5ヶ月あるんですよ。

つまり、売上を立てれば立てるだけ売掛債権が膨らんでいくんですね。回収すれば現金化出来ますけど、言っちゃ悪いですけど全体的にルーズな傾向にありまして。中には半年後まで入金のない取引先もありました。

心配なのは、キャッシュフローがですね。動かないんですよ。銀行やノンバンクから資金調達するにも審査されるのに不利です。もっと流動化していかねばならんのではないか、と、心の中で思ってました。社長はワンマンタイプなのでとても意見出来ませんが…。

言いたいです。うちの会社もファクタリングとか使えばいいんじゃないでしょうか。

ファクタリングというのは、債権の支払期限が来る前に買取してもらって、その債権に見合った金額から手数料を引いた額が即日現金として受け取れる仕組みです。単純に売掛金を買い取ってくれるタイプの他に、一括、保証といった種類もあります。
負債を抱えることなく資金調達出来るので、中小企業にとっては資金繰りが楽になるし、キャッシュフローもグイグイ動くので、絶対いいと思うんです。うちの取引先は大企業も多いから審査も通りやすいでしょうし。メリットしかないです。

いや、デメリットとしては、ファクタリング会社をきちんと比較・選定しないといけないので面倒くさいという点でしょうか。

あー。気になります。私なんかが進言しても聞いてもらえるのでしょうか。
日記ではつらつら書くくせに、いざとなると自信がないです。トホホ。