モノよりコトになってきたこと

最近、モノよりもコトになってきました。以前は自分が欲しいモノを買っていましたが、それがコトへと移行してきたのです。

つまり、商品を購入するのではなく、体験を購入するようになってきたというわけです。コトの例として挙げられるのは、テーマパークであるとか、映画、コンサートなどの形のない商品です。モノはお金を払えばいつでも購入できて、ずっと自分の手元に置いておくことができます。それに対し、コトはそれができません。

体験ですから、自分の記憶の中にしか保存することができません。だからこそ、価値があるのだと思います。コトは感動が生まれやすいです。常に同じ商品にはならず、絶えず進化しています。その時の自分の状況によっても感じ方は異なります。この点がとても面白いと思います。私も今後コトに対して多くお金を使っていきたいと思います。