留学生のビザと就労ビザ

就労ビザがなかったとしても、もしも外国人が留学生ビザを取得していたら1週間に28時間以内に限り、仕事をすることが可能です。留学生ビザは一般的に就学ビザとして知られています。

仕事をするためには就労ビザでなければいけませんが、就学ビザを取得している学生たちは学問に支障が出ないという条件で仕事をすることができるのです。もしも留学生が仕事をしたいというのであれば、まず最初に資格外活動の強化というものを取得しなければいけません。在留カードを確認し、資格外活動許可男というところに許可という記載があればアルバイトができます。

また、アルバイトは1週間に28時間以内という決まりがあります。学校が長期休暇の場合は1日あたり8時間まで仕事をすることが可能ですが、基本的に28時間を超えてしまった場合は不法就労として扱われてしまうことがありますので、シフトを管理するときには注意が必要です。その一方で、留学生のアルバイトを快く受け入れてくれるバイト先などもたくさんありますので、そのような場所を探してみると良いでしょう。

ただし、留学生は風俗営業が行われる場所でのアルバイトはできません。バーやキャバクラ、ゲームセンター、麻雀、、パチンコ店などで仕事をすることが認められていませんので気をつけましょう。留学生にとってはふさわしくないからという理由で仕事が認められませんが、たとえ接客ではなく、皿洗いやティッシュ配りであったとしても、風俗営業の店舗では仕事ができません。