私の趣味である舞台を見に行くことについて

私の趣味は舞台を見に行くことです。

好きな舞台俳優がいて、その人を目当てに見に行きます。

ファンクラブにも入っていて、舞台が決まるたびに行っています。

見に行くにあたり、私の中で決めているルールがあります。

それは、一つの舞台につき最低2回見に行くことです。

2回とは、初日と千秋楽のことです。

この2日は終演後に舞台挨拶があり、俳優の役に入っていない部分(素に近い状態)が見ることが出来るので、外せません。

先日も舞台があり、全部で3回見に行きました。

千秋楽は大阪まで見に行きました。

舞台の素晴らしいところは、二度と同じ舞台はなく1回1回に違いがあることです。

俳優同士のアドリブだったり、セリフを噛んだりなどどんなハプニングが起こるか分からないのも、面白い部分です。

現実離れした内容は、私自身の現実も忘れさせてくれます。

嫌なことがあったとき、舞台で夢を見て現実を忘れる時間を作り、気持ちをリフレッシュさせます。

そうすることで、嫌なことを忘れまた頑張ろうという気力になります。

舞台は、私の活力だと思っていますので、これからも続けたいです。