単純承認、限定承認、相続放棄

相続する時には気をつけなければならない事があります。知らなかったでは済まないので注意しましょう。まず相続には単純承認と限定承認があります。これは簡単に言うと単純承認は被相続人(死んだ人)の財産を全て受け継ぐということです。

ここで気をつけなければならないのが負債(借金など)も受け継ぐということです。簡単に言うと借金が多い人を相続してしまうと大変です。限定承認は被相続人(死んだ人)の一部を受け継ぐことができる特殊な相続の仕方です。一部と言ってもいいところだけ相続することはできず、相続する割合によって負債があればその割合分負債も相続します。

また限定承認をするには、相続をがあったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に届け出なければなりません。しかし、例えば相続人が3人いたとしたら3人全員で限定承認しなければなりません。1人だけ単純承認で2人は限定承認とかはできませんので注意が必要です。

また相続があったことを知ったときから3ヶ月を経過すると自動的に単純承認になってしまう(法定単純承認といいます。)ので借金などがある場合は注意が必要です。じゃあ、借金などがある場合、つまり相続したくない場合どうすればいいのでしょうか?

それは相続放棄すればいいのです。相続放棄は相続があったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所でする必要があります。ここで気をつけなければならないのが、死んだ時からではなくて、死んだことを知ってなおかつ自分が相続人なんだと知った時から3ヶ月以内だと言うことです。

ちなみに単純承認、限定承認、相続放棄はたとえ相続があったことを知った時から3ヶ月以内であっても取り消したり変更することは基本できません。また、さきほども紹介した法定単純承認(自動的に単純承認になってしまう)は他にもあります。

被相続人の財産に手をつけてしまった場合や財産を隠し、相続財産目録(相続財産の一覧表みたいなもの)に記載しなかった場合などです。この法定単純承認は限定承認や相続放棄をした後でも適用されます。相続はとても複雑なので、債権者はこう言う事を一般の人が知らないのにつけ込んでくるので、とても注意が必要です。

相続放棄でお悩みの方に無料で相続放棄の診断ができるサイトがお勧めです。