クレジットカードのリボ払いで作った借金でも自己破産出来るの?

クレジットカードのリボ払いは毎月最少の支払額で良いと言う特徴があります。

ブランド品やブランド腕時計など高額な商品を購入したいけど、1回払いや2回払いでは余裕が無いと言う時に便利です。

しかし残高が増えても支払が楽のままのため、借金している意識が無くなりどんどん浪費してしまう事がありました。

何枚ものクレジットカードでリボ払いしていると、利息分の支払が増えて支払しても元金があまり減らない状況に陥る事があります。

そのうちクレジットカードの支払を滞納するようになるとカード会社からの催促が始まります。

最初は電話でも次第に厳しくなり、支払督促状が自宅に届く事があるのです。

一括請求を求めてきますがここまで滞納する方の多くで応じられないです。

そのまま放置すると給与差し押さえと言った強制執行が始まります。

そんな事になる前に債務整理を行うと言う方法があります。

自己破産と言う手続きなら全ての債務の支払から免除されます。

100万円200万円とリボ払いの残高が膨らんでしまっても全てゼロになるのです。

浪費の場合は免責不許可事由に該当し、自己破産出来ない事があります。

なぜ浪費が免責不許可事由に該当するのかその理由は浪費して支払出来なくなっても自己破産すれば良いと安易に考える人が増えてしまうからです。

しかし免責不許可事由に該当するのかその判断は裁判官に委ねられており、裁判官の裁量によっては浪費でも自己破産出来る事があるのです。

悪質なケースでもない限り認めらられる事があるのですが、それには浪費に対して十分な反省を意志を裁判官に見せる事が大切です。

自己破産の手続きは自分で進めようとしても難しいため弁護士に依頼するのが一般的となっています。

弁護士から免責許可が下され易いよう、適切なアドバイスが受けられますので、浪費の場合でも自己破産出来る可能性が高まります。

弁護士事務所では債務に関する相談を受付しています。

リボ払いが積み重なった借金でも自己破産出来るのかどうか分からない時は一度相談してみて下さい。

弁護士事務所に直接出かけて相談するのが基本となっています。

いきなり弁護士事務所に出かけても不在で相談出来ない事があるため、事前に予約して下さい。

自己破産診断センターにてメール相談出来る弁護士事務所もあります。