プチ糖質制限をしてみて気づいたこと

3年前の体重に戻りたくて、先月からダイエットをしています。それほど厳しい食事制限は設けていません。ただ、野菜をたくさん食べて、良質なたんぱく質を摂り、出来るだけ糖質を少な目にするということだけは気を付けています。

こういった食生活を心がけるようになって気づいたことがあります。それは、これまでの生活で自分が普段いかに糖質を摂り過ぎていたかということです。例えば、「今日のお昼は何を食べようかな?」と考えた時に私の脳裏に真っ先に浮かぶメニューは、パスタ・うどん・冷凍食品のグラタンやピラフ・レトルトのカレー・カップラーメンなどです。これらは全て糖質がメインになった単品メニューです。

先日、ファミレスに行った時もメニューを見て考え込んでしまいました。何故ならば、鍋焼きうどんにミニねぎとろ丼やミニ天丼などがついたセットがあったりするからです。うどんもミニサイズの丼ものも糖質がメインです。「もっと色々なものがついた定食にしよう」と思うと、茶碗蒸しや煮物、サラダなどがついた定食がありました。でもこれにも握りずしが5貫とざる蕎麦がもれなくついてきます。

日本人の主食は米なので、相当意識して食べ物を選別しないと、私のダイエットは成立しないと感じました。