車中泊とエコノミークラス症候群との関連性

被災地で大きな地震があった際、安全を考慮して車などに避難をされる方が多いです。大きな地震が起こった後は、恐怖感を感じる余震が必ず訪れるので、安全な所に避難する考えは大切です。車の中で生活を行う時には、長時間同じ体勢のままで過ごす事は健康に悪影響を及ぼします。

車の中で就寝すると普段の生活で就寝をする時に寝返りが自由に打てないので、体内の血液が滞りやすい状態になります。血液の循環が良くなくて血栓が出来て、血液が上手く流れない状態の事をエコノミークラス症候群と呼んでいます。飛行機の旅客の席に因んだ名前が特徴的ですが、車中泊を行う時に車の座席に座ったままの状態になります。

車中泊でエコノミークラス症候群に掛からない為には、血液の循環を良くする事が原則です。基本的に長時間固定された状態が継続すると、血管の中に血栓が出来る結果に繋がるので、血栓を作らないように定期的にストレッチを行う事が大切です。車の中で就寝する時には出来るだけ場所を広めに維持しながら寝る事を心掛けて、適度に寝返りが打てる環境を作る事も症状の防止に繋がります。症状の防止の事を考えて、テントを作って就寝する事も良いです。