薬剤師の求人や転職情報を見る際の注意点

薬剤師の求人情報や薬剤師転職情報を探す際にはたくさんのサイトがあり、どれを選んだらよいのか目移りしてしまいますね。

薬剤師の求人情報を探す際の注意点についてご説明していきましょう。

薬剤師の求人は平成16年の法改正により薬学部が6年制になった時の空白の2年を埋めるために、需要が一気に増えました。

多くの薬剤師の転職サイトが乱立され、登録するだけで希望の条件にあった転職支援のサービスまで行っているサイトがたくさんります。

薬剤師専門の派遣会社も増えて、派遣として働く薬剤師も増えました。

派遣の薬剤師は高額な案件も多く、一時的にお金を貯めたい場合や短期間であれば遠隔地で働いていても良いと感じている薬剤師の方には一見の価値のある求人情報でもあります。

しかし、求人情報がたくさんあるだけにきちんと求人情報を見極めて応募をすることが大切になってきますね。

求人情報を見る際のポイントは高い時給や、多くの休日数など聞こえのよいことを大々的に宣伝している求人に安易に応募しないことです。

時給が高いだけに遠隔地であって引っ越しが必要だったり、一人薬剤師の激務である場合もあります。

休日が多いように書いてある場合も、残業が多い場合もありますし、有給の消化率が低いのかもしれませんね。

ドラッグストアは時給が高い場合も多いですが、その分レジ打ちや品出し、生活用品の管理まで仕事の幅が多岐に渡っていることもあります。

応募をする際に求人情報を掲載している転職支援会社にきちんと問い合わせをして不利な条件がないのかを確かめてみましょう。

また、可能であれば職場の人員構成や詳しい仕事内容、すぐに管理薬剤師にを任されてしまうのか、など詳しい状況を聞いてみましょう。

せっかく転職する職場なのですから、できるだけ長続きできるような職場が良いですね。

薬剤師の求人はたくさんあるので、合わなかったら転職をしても良いと感じるかもしれませんが、何度も転職をするのは大変です。

転職回数が多いのも、面接での心証が悪くなることもあります。

意義のある転職をするためにも、応募の際にできるだけ多くの情報を集めて、本当に自分にとって働きやすい職場なのかをきちんと見極めるようにしましょう。