こんなにも打ち込むものがあるなんて幸せ

先日「鳥人間コンテスト」というテレビを見ました。

知っている人も多いかしれないですが、飛行機好きな人たち、飛行機工学を学んでいる大学生などがたちが、オリジナルの飛行機を作って琵琶湖で飛ばすコンテストです。

飛行機の力と風の力だけで飛ぶものや、タイムを競う部門、距離を競うものなどがありますが、みんなあまりにも人生や、青春をかけているのがすごすぎて、テレビを見ながら、気づくと私まで号泣していました。

今年は、高校野球の決勝も激戦で、それを見ながら号泣したことを思い出しました。

老いも若きも、とにかく自分の好きなものに出会い、すべてをかけてそれに打ち込む姿は素晴らしいし、感動を与えますね。そういうものに出会えた人たちは本当に幸せだと思います。

私もそんな風に、すべてをかけて打ち込める者に出会いたいって思っちゃいました。

今年の秋は、何かカルチャースクールにでも通ってみようかなと、すっかり影響されてしまいました。