USJへ遊びに行ってきました!

こんにちは(^ ^)

先日はユニバーサルスタジオジャパンへ遊びに行ってきました。

甥っ子ちゃん達も一緒に(^ ^)

USJ内にはハリーポッターのテーマパークもあって、今回はそこへ行きました。

中は結構混雑していたのですが、街並みが映画からそのまま抜け出したような感じで感動しましたよ。

アトラクションは1時間以上待機するのが当たり前の状態で、甥っ子ちゃんはまだまだ小さいのでとりあえず園内をお散歩していました(^^;;

するとキャッスルウォークというコースがあって、そこは待ち時間3分で入れるそうなので早速入ってみました。

ホグワーツ城を自由に散策できるコースで、お城の中も映画でよく見た風景が広がっていましたよ〜。中は結構空いていて、自分達のペースで見て回れましたし、記念撮影もたくさん撮れましたよ(^ ^)

喋る絵画だったり、ダンブルドア校長の校長室に入れたり…  映画ファンでなくても楽しめるんじゃないかなと思いますね。

お土産はこれまた映画に出てくる百味ビーンズというお菓子を買いました。鼻くそ味なんてものも入ってるようで色んな意味でワクワクです(^^;;

甥っ子ちゃん達も楽しかったようで何より。それではまたー。

復讐の最終手段、復讐代行業について

復讐代行とは、言葉のとおり何らかの復讐行為を報酬を払って依頼し、代行してもらうことです。自分が行わない事により安全に、恨みを持っている人間に対して報復をする事ができるということです。もちろん、その報酬は高くつきますが、自分で復讐を行うと、その人から目を付けられてさらに報復を負う事となったり、警察に通報されたりすることになります。どんな人が復讐代行を依頼するのかと言うと、やはり費用の面から会社経営者などが多いようです。

現代日本では、犯罪が起きた場合、加害者のプライバシーが守られ、被害者の方が大きく報道され、時には被害者の方に非があったなどと言われる事も多くあります。しかも、一般人が疑問に思うくらい、犯罪に対する刑が軽すぎる場合がよくあります。法には頼れない、そうなった場合、復讐代行を考える人は意外と多いのではないでしょうか。

変な夢を見て、足がつって目が覚めました

今朝は妙な夢を見ました。介護が必要な女性の世話をしている夢で、その人は銀行にかなりの預金があって、意識不明になって介護が必要になっているのに、その預金は無駄だな、と思っていたら、その女性が意識を取り戻して、私に向かって「お洋服とかジュエリーが買いたいのでしょ?」と言って、15万円くれるのでした。なんだかものすごく、リアリティー溢れる金額だな、と思いました。

そして、ラグビーの試合になって、五郎丸が出てきました。私はパン屋で働いていて、ラグビーの選手にパンを売っていました。五郎丸もパンを買っていて、他の選手もパンを次々に買っていって、ものすごく忙しかったです。夢の中でも忙しく働いているのがちょっとおかしかったですが、接客はうまくいっていました。パンは飛ぶように売れていって、ついには品切れになっていました。

私は一旦夢から覚めて、変な夢を連続で見たな、と思っていました。すると足がつってしまって、すごく痛かったです。足がつるなんて、ミネラル不足なのかもしれないな、と思いましたが、両足がつってしまって本当に痛かったです。

オタク層は票田になるのか

去る7月10日の参議院選挙において、ある一人の候補者が落選しましたが

その30万票近い得票数がニュースとなった人物が居ました。

改選組であえなく落選となった、山田太郎前参議院議員です。

表現規制に反対すると言う旗を前面に掲げた唯一の議員として

同人業界などにとって致命的となるTPPでの著作権の非親告罪化を潰すなどの

成果を上げていたのですが、選挙は残念な結果に終わってしまいました。

さて、そんな山田氏が個人の名前で30万票も集めていながら当選出来なかった理由ですが

比例代表で個人名を書かれた票が30万票であったものの、所属する新党改革自体が

一議席も取れない票しか集められなかったからです。

が、「個人名で全国から30万票」と言うのはそれ相応のインパクトがあります。

よく言われる「政治は高齢者優遇政策ばかり取る」と言うのは、

高齢者世代の投票率が高く票田になるからという理由に他なりません。

今回の選挙の実質的なテーマが改憲の是非だったという時に

「表現の自由」をメイン政策とした候補者が30万票集めたと言うのは、

ガッツリ票田とまでは行かなくともどんな政党もある程度以上

表現の自由に配慮せざるを得なくなった、と言えるでしょう。

可愛いハンドメイドアクセサリー

私はハンドメイドのアクセサリーを見るのがとても好きで、ハンドメイドマーケットサイトのcreemaやminneをよく見ています。creemaやminneではハンドメイド作家さん達が自分達の作品を出品していて、それを購入することができるんです。それが本当に可愛くて、見ているだけでもとても癒されます。ついつい何時間もサイトを眺めていることもしばしばです。

アクセサリーを中心に見てるんですが、綺麗なガラスや天然石を使ったイヤリングや指輪は本当に素敵でいくらでも欲しくなっちゃいますね。まだ購入したのは数回程度なんですが、どれも綺麗でかわいくて、普通の雑貨屋さんではあまり見ないデザインばかりです。オリジナリティーがありお値段も安いので、すごくお得に感じます。ハンドメイドのアクセサリーをつけていると、色んな人に褒めてもらえるのでそれもすごく嬉しいです。私は不器用なので上手にできるかはわかりませんが、いつか自分でもハンドメイドアクセサリーを作れるようになれたら楽しいだろうなと思います。自分が欲しいものを自分で作れるっていうのは素敵ですもんね。

大学の時の友人が亡くなったとの電話があり、姫路へ葬儀に行って来ました

大学の時の同じゼミの友人が亡くなったと言う知らせが届いたので、姫路で葬儀・葬式なら市民葬儀ご相談センターに行って来ました。

日帰りしたので忙しかったです。

ゼミの友人は8人が来ていました。

葬儀の会場は民間の法事センターでした。

私達ゼミの友人は全員お斎の席を用意していただきました。

ゼミは18名いたうちこれで5名が亡くなりました。

仲間がいなくなるのは、寂しいものです。

友人は大腸がんで亡くなったそうで、抗がん剤が苦しがっていて最後は抗がん剤を辞めてホスピスへ移ってそこで生涯を閉じたと奥様が挨拶でお話しされていました。

大学の時はあんなに元気だった彼でしたが、2年前のゼミ会で会ったときは体調が良くないと言っていました。

多分その病気だったのでしょう。

お斎は50名くらいでしたが、会葬者がとても多かったです。

彼は、大学卒業後教師をしていましたので会葬者が多かったのだそうです。

合掌して帰途につきました。

ショッピングモールはやはり素晴らしい

先日友人とショッピングモールに行ってきました。2つのショッピングモールが隣接しているところで、とにかく建物が大きいところです。一周するだけで30分以上かかるほどの広さでした。

専門店はもちろんチェーン店も結構あって、買えないものは無いといった感じのショッピングモールです。家電なども豊富で家電量販店ではあまり見かけないタイプの空気清浄機、加湿器などもありました。今一番欲しいのが空気清浄機なので買うかどうか少し迷いましたが、ちょっと高かったので止めておきました。長く使う予定なので高くても良いのですが、それでも家に置くとなると相応の値段の物が良いと思っています。

いろいろと見て回るだけで数時間があっという間に過ぎます。ちなみに昼はちょっとオシャレな串カツ屋に入り、そこで1時間ほど休憩しました。良い肉を使っているのか、とても美味しかったです。相応の値段でしたが、せっかくの遠出だったのでこれはこれで良いです。

その後もいろいろ見てまわりましたが、一番長くいたのは百均のお店でした。チェーン店では無い感じのところで、デザインの良い品が多かったです。

水素水サーバーで快適な水素水生活

今、水素水がとてもブームになっています。水素は地球上でもっとも小さな分子で、ペットボトルに入れたりして売ることができないのです。水素の分子の方がペットボトルの分子よりも小さいので水素が抜けてしまうのです。アルミ缶に入って売られている水素水も蓋と水とのあいだに水素が抜け出ていて、蓋を開けた途端に抜けてしまうので、水素を効率よく摂取することが難しいのです。一番いいと思われるのはアルミパウチに入った水素水ですが、それも吸い口のところから水素が抜けてしまうので、短時間のうちに飲まなければなりません。

そういう水素なので、自分で水素水サーバーで水素水を作って飲むと言う方法があります。水素水サーバーは特殊な容器に水道水などを入れて、水素を発生させるスティック状のものを差し込んで、一晩おくと水素水ができるという方法で水素水を作ることができるのです。作った水素水は専用のアルミパウチに入れて保存できますが、あくまでも短時間の保存なので、何日もかけて飲むものではありません。

水素水サーバーを持っていれば、自分の家で水素水を作ることができるので、思いっきり水素水を飲むことができます。極端な話では水素水で顔を洗ったりすることもできるのです。水素は小さな分子なので、肌から直接体内に入り込むことができるのです。

そのために、水素水を作るお風呂用の水素水サーバーがあるくらいです。肌から直接水素を吸収すれば、抗酸化作用で若返りも考えられます。水素の働きはアンチエイジングにも効果が見られるので、水素水を飲み続けていると、若返る可能性もあるわけです。

水素水サーバーを持っていると好きなだけ水素水を飲むことができます。水素水サーバーはレンタルすることができますので、安いものでは毎月1600円くらいで借りることができるのです。

買えば15万円はする水素水サーバーが月々5000円くらいでレンタルすることもできます。レンタルの水素水サーバーだと1分で1リットルの水素水を作ることも可能です。すぐに飲めるので、フレッシュな水素水を飲むことができるのです。水素水は買うよりも水素水サーバーで作って飲んだ方が安上がりで、効率よく飲むことができるのです。

サンダル用靴下を買いました

靴下屋のメルマガを受け取って、サイトを訪問したら、サンダル用の靴下が売っていたので、試しに2つ買ってみました。トングタイプになっていて、指先は出ていて小さなソックスなのですが、汗を吸っていいかもしれないと思います。

色で迷って、無難なところでベージュを選びましたが、靴下を履いているのがわかるので、どうせならもっと派手な色にすればよかったかな、と思いました。

私は夏は素足で靴を履くのが当たり前だったので、このサンダル用の靴下を履いて歩くのが楽しみです。2種類買って、一つはプレーンな形で、もう一つはラメが入っていて先の方がフリフリになっているものです。どちらも小さいです。履いた感じはプレーンな形のものの方が使い勝手が良さそうだな、と思います。靴ずれ防止になりそうだし、つかい心地が良ければまた色違いを買いたいと思います。

サンダルの時にはペディキュアをしているので、指先は出ていなければなりませんので、これはぴったりで、つま先の方にクッションになってはき心地が良くなることを期待しているのです。早く使ってみたいです。

マヨネーズの置き方について

マヨネーズを置くとき、友人はいつも蓋の方を下にして置きます。どうしてかと尋ねると、その方が最後まで使いきれるかららしいです。その話を聞いて、試しに蓋を下にして置いてみました。確かに良く出るような気はしますが、扉を開けるたびに倒れるので、面倒くさくなって数日で止めてしまいました。

後日友人にその話をすると、牛乳パックを切って、その中に立てると良いと教えてくれました。私は素直にパックを切り、言う通りにしてみました。すると、確かにマヨネーズは倒れなくなりました。蓋が下でも安定していて、扉を開けても大丈夫です。

暫くはそのまま生活していたのですが、マヨネーズはいつの間にか元の置き方に戻っていました。どうやら私が知らないうちに、家族が置き方を変えたようです。仕方がないので、見つけるたびに蓋を下にしましたが、知らないうちに元に戻ります。

私はついに根負けし、結局マヨネーズは元の置き方に戻りました。家族間に意見の食い違いがあると、マヨネーズの置き方一つとっても大変です。そんなことで争いたくはないので、マヨネーズはそのままにしておくことにしました。